自殺未遂を犯した私が、自殺で大切な人を亡くした人へ送る言葉・・・その1

メンタル

暫くぶりの投稿です(;^ω^)

ある方と、つい最近知り合いまして、そしてその人の大切な人が数か月前に自殺で亡くなった、ということで、ご本人は立ち直れずにいらっしゃいます。

そこで、その方へ向けて・・・というか、自殺で大切な人を亡くされた方へ向けての投稿です。

自殺でなかったとしても、大切な人が亡くなってしまうと、非常に辛いです。

私は過去に、結婚式の友人代表スピーチを頼んできた友達が、病気で亡くなり、弔辞を頼まれてしまった、という経験がありました。

辛かったです。

もしこれが、死因が自殺であったならば・・・と想像してみると、心の傷はもっと大きいものになるなぁ、と感じます。

自殺で亡くなることに対して、哀れである、惨めである、悲惨である、可愛そう・・・といったイメージがあるから余計でしょう。

しかし、冷静に考えてみて下さい。

私も冷静に考えてみました。

病気で亡くなった私の友人は、結婚していた奥さんとの結婚式をとても楽しみにしていました。(籍は入れていましたが、式がまだでした)

そして、私からの友人代表スピーチを大変期待していました。

期待が大き過ぎて、私としてはとてもハードルを高く感じていたくらいですw

つまり、彼は生きたかったのです。

なんとしても、生きて結婚式を上げたかったのです。

生きたかったのにも関わらず、生きることが出来なかった・・・そう考えると、私の亡くなった友人はとても哀れであります。

思い出すと・・・目頭が熱くなります。

片や、自ら死を選び、自死される方は、生きるのがとても辛く、生きていたくない、という気持ちの末に行動します。

いや・・・本当に生きたくないわけではないのです。

本当は生きたいのです。

苦しさから解放されて、生きたいのです。

しかし、それがどうしても叶わない・・・。

いや、私に言わせれば、叶うような解決方法を思いつくことが出来なくなってしまっているのです。

それは何故か?

自殺未遂の経験のある私ですから申します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日に続きます。

 

最後までみてくれて、ありがとう♪
私と直接しゃべってみたいな♪って人は、こちらからどうぞ☟

タイトルとURLをコピーしました