自殺をゼロにしたいと願う理由

メンタル

やっばいよねぇ・・・ブログ1か月以上ぶりだもの(~_~;)

ほんと続かないわよねぇ・・・反省します、とりあえず。

・・・とはいえ書きたいことがなかったんだからしゃーない!

・・・(;´・ω・)・・・

さて、本日の題材ですが、ずばり「自殺」です。

私ね、今自己啓発、且つビジネス系のコミュニティ二つ入ってんですよ。

はっきり言って結構なお金払ってるわよぉ~!
ほんと、そんな身分なんかじゃぜ~ったいないのに、結構無理してますw

ま、それはどうでもいいんですが・・・(;^ω^)

それでね、最近ね、まぁ最近って言っても2か月くらい経つんですけどね、私、使命に気づいてしまったんですよ。

日本から自殺者を無くしたいんですよ。

っていうか無くさないといけないの・・・特に最初に手をつけなければならないのが、若者の自殺。

あぁ・・・どこからお話すればよろしいのやら・・・

えぇとですねぇ、まずは自殺をどうして無くしたいのか、お話しますよ。

ぶっちゃけかなりぶっ飛んだ理由なので、ご理解頂けるかどうか微妙ですが、別にいいですからね、理解出来なくて。ただ、私の気持ちが少しでも伝われば幸いです。

日本人ってのは、世界的にみても胆力のある人種だそうです。

我慢する「癖」みたいなものが染みついてんだって。

でね、我慢して我慢して我慢して・・・我慢して・・・

誰にも相談できずに一人で悩んで・・・ため込んで・・・

最終的な結論が「自殺」っていうパターンが多いんですよ。

要は、逃げる先がそこしかなくなっちゃうわけよね。

多分ね・・・誰かに相談したり、悩みを打ち明けたりしたら違うと思うの!

でもね・・・出来ない人が多いんですよ、実際。

で、ここからが私の理論!!!

※スピリチュアル系のネタが苦手な方は、読む読まないのご判断はお任せしますが、胸糞悪くなってもしらねーぞ(。-`ω-)

さて、自殺という行為に逃げてしまった人は、本当に死後、無事に逃げることが出来きたのでしょうか・・・?

世の中には臨死体験をした人ってのが結構いらっしゃいましてね。

そういった経験をされた方々のお話ってのをみてみると、ある共通点がございます。

自分の家族や先祖や恩人、友人、その他の先に亡くなられた人たちが、目の前に流れる川の対岸で手を振って立っているそうな。

「まだこっちに来ちゃダメだ!引き返せ~!」

って、大きな声で叫んでるんですって。

で、振り返ると、蘇生処理されている自分の姿が目に入る・・・

こうしては居られぬ!と、戻ろうとすると、いつの間にか意識は自分の体に戻っていて、目をあけたら病院のベッドの上だった・・・

共通点は、国に関係なく、目の前の大きな川が流れている、っていう点ですね。

三途の川原ってやつですかねぇ。(花畑ってのもあるらしい)

で、対岸に親しい人たちがいる、ってのも共通してるわよね。

ただ、みんなが同じ臨死体験するか、っていうと、違うのよ・・・

何が違うか?

自殺の場合は違うんだってさ!

自殺をした場合の行き先は、暗くて音も聞こえず、寒い場所・・・

死んで自分の存在なんか無くなると思っていたのに違うもんだから、しかも感情はそのまま残っているもんだから、苦しみは続きます。

しかも真っ暗で無音だよ。

且つ寒いんだよ。

どう考えても辛いよね・・・。

絶対に後悔するよね・・・。

で、自殺による臨死体験をされた方がどうして戻ってこれたのか、というと、やはり自分にとって親しい人、繋がりの強い人、守護霊とかご先祖様とか、そういった人が迎えに来てくれるんだってさ。

で、迎えに来てくれた人の後光を頼りに進んでいくと・・・

あとは一緒よね。

無事に戻って来られた人たちはラッキーですよ、ほんと。

どうやら、その暗くて寒いところには、結構な期間いないといけないらしいんですってよ。

まぁ、みんなそんなこと知らないもんだからさぁ・・・自殺してたどり着いた先がそんなもんだから、びっくりしちゃうよね!っていうか、後悔先に立たずだわねぇ・・・。

悪いことは言わない、自殺なんてやめといたほうがいいですよ(・´з`・)

そもそもよ、残された人たちがどんな気持ちになるか・・・

親御さんなんかがいらっしゃる場合なんか、そのご両親のお気持ちを考えたらさぁ・・・

後悔すると思うんだよねぇ・・・。

あたし、後悔して欲しくないんだよねぇ!!!

 

いや、解るんだよ。本当に追い詰められて、どうしようもなくて・・・

あたしだって自殺未遂したことあるからさぁ・・・解るんだよ。

あ、ちなみに私の場合どんな自殺未遂したのかっていうとね、伊丹十三監督の作品でね「大病人」っていう映画があってね、三國連太郎が演じる主人公が末期がんを苦に自殺を図るんだけどね、睡眠薬を飲んで、意識が無くなる前にビニール袋を頭にかぶるの。首元をきちんと結べば、オートマティックに二酸化炭素中毒になってあの世へGO・・・っていうのをやりましたw

幸い、処方されていた睡眠薬が弱いやつで、眠れなかったっていうねwww

でもねぇ・・・今になってみたら、本当にあの時、死ななくて良かった♪って思ってます。

こんな私が、自信をもって言える。

生きていればイイ事はぜ~ったにあるよ!!!

 

我々はこの世に修行をしに来ているわけです。

だから、辛いこともあるのは当然なの。

ただね、その辛い経験から学んで、それを活かしてこの世界をより良いものにしていくのが、我々の使命なのです!

であれば、自分でその修行から逃げ出すことを、神という存在は許すでしょうか?

 

神は、我々に、この世で修行をし、且つ幸せになることを求められているんです。

・・・あ、宗教入ってないからねw その点は安心して頂戴♪

よく耳にしませんか?我々人間には、幸せになる権利がある、って。

違うよ!幸せになる義務を課せられているんだよ!!!

幸せになる為に努力しなくちゃいけないの!

その為に色んな苦悩は降りかかってくるもんなの!!!

その苦悩に耐えろ、って言ってんじゃないんだよ。

苦悩から抜け出すために、勉強したり、人に相談したり、助けてもらったりするんだよ。

 

さて、神は、我々がこの世で修行をし、この世を素晴らしい世界にすることを望まれているわけですが・・・

これ即ち、人間が人間の死期に関与してはいけない、ということになります。

いや、健康増進や延命なんかも関与になっちゃうから、この表現は適切じゃないか。

えぇと、人間が人間の手によって、修行の終了を早めてはいけない、ということ、か。

うん、この表現が一番ぴったりくるわね♡

つまり、人を殺したり、それに繋がる行為も、神様は許してくれるはずがないですよね。

・・・私が何を言いたいかわかるでしょ?

人を傷つけ、追い詰めて、死ぬしかない!という気持ちにさせる行為

これも、神の裁きを受けるに値する行為だ、ということ!

これはかなり該当するものが多くて、特にこの現代日本には沢山ある。

時事ネタだけどさぁ・・・もう切なくなっちゃったよ・・・

木村花ちゃん・・・可哀そうにさぁ・・・残された親御さんも気の毒に・・・

誹謗中傷が原因だったんでしょ?

酷い話ですよねぇ・・・一体どれだけの憎垂れ口をぶつけられたんだろう・・・ほんとにもう、いたたまれない。

本当に悪しき風習ですね、この行為。

まぁイジメとなんら変わらんもんねぇこれ(;´・ω・)

 

悪しき風習と言ったら、日本の企業もそうよ。

資本主義の世の中で、何処の企業も売り上げ重視、その為効率化ばかり気にして、働く人間の「心」なんて殆ど無視!

そんなことしてるから自殺者が減らないのです!

しかも昨今の新型コロナウィルスの影響で世界的経済危機だよ。

自粛終了後なんてその分巻き返さないといけないから、更に効率化を進めるでしょう・・・考えただけで恐ろしい。

いいですかぁ、経営者の皆さん。

社員あっての会社ですよぉ。

あんた一人じゃ会社大きく出来ないでしょ~。

社員は宝ですよ~。大切にしてあげて~。

大切にするってのはね、甘やかすのとは違いますからね。

手塩にかけて育てる、ってこと。

厳しすぎてもダメ。

甘すぎてもダメ。

しっかり承認してあげて、良い所をきちんと伸ばしてあげて、悪い所は少しずつ直してあげて

時間をかけて、手間をかけて、愛情も込めて

そうやって人を育てていくと、いつしかその人は、あなたの為に進んで仕事をしてくれる人になるんだから・・・

そういう人を増やすことで、会社は大きくなっていくんだからね♪

で、そういう会社を増やしていけば、そこで働く人々も幸せにしてあげることが出来る

正に神様が望んでらっしゃることです(*’ω’*)

 

我々日本人は、世界的にみても評価が高く、その理由は思いやりや道徳心がしっかりしているから、なのだそうです。

それでも、国内でこれだけの悲しい出来事が、未だに無くなりません。

もっとみんな一人一人が、心に愛を育むようにしましょう・・・

その御手伝いをしていけるように、私は頑張ります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました