数十年に一度、起こるかどうか・・・台風19号

出来事

 2019年10月12日、伊豆半島に台風19号が上陸しました。その翌日の今、13日の日曜日、午後1時現在、台風は日本列島を通過しました。

 この19号、大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大の5と判断され、SNS上では、米国内の気象学専門家から、存在しないカテゴリー6に相当するのではないか、と注目されていました。

 上陸前から、強風や暴雨による被害は各地にもたらされ、私の働いているお店でも、私とママ以外はお休み、我々も昨日の午後4時の時点で店休を決定、通知した次第でした。上陸後は、更に降雨量を増し、河川の近くは川の氾濫による水没で沢山の人々が被災された模様・・・本当に、大変なこととなってしまいました。

 幸い、私の暮らしているマンションは、少なくとも私の部屋に於いてはガラス等も割れることもなく、家族3人無事に台風の通過を迎えることが出来ました。

 それにしても、上陸前からあれだけの大雨、暴風・・・直前までなんとかお店営業しようと考えていましたが、傘をさしながら一生懸命歩いている人の姿を窓から眺めていたら、例え家からたった5分の道のりでも、ちょっと身の危険を感じてしまいましたね。

 いまの所、窓から見える範囲内に於いては、電灯にしばってある旗が破れている以外は大きな変化は見られません。
 ただ、まだ外に出て駅の方まで行っていませんからね・・・駅の反対側なんかも気になります。(ちなみに、私の働いているお店は駅の反対側になります。)

 今日は、何かまとめた記事を書こうと思っていたのですが・・・ちょっと気分にならないので、ただの本当の日記みたいな感じになってしまいましたが、以上で本日のブログとさせて頂こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました